ちょこっとの工夫が大事。アレンジ編

みなさんも簡単なアレンジであれば、いざという時にしたいなとか思いますよね。
でもどうやって始めてみたらいいかわからない、どう進めていいかわからない、そんな声を聞きます。
なので。


ヘアアレンジを上手に行うコツとは!

1 事前に必ず髪を巻いておくこと。
時間がないという時は特にいいのですが、巻くという行為で直毛の人もくせの人もベースは一緒になるので。素髪をいきなりアレンジしようとすると、崩れやすかったり、まとまらなかったり、ボサボサに見えがち。なのでアイロンでざっくりと全体に巻いておくのがオススメ。ここは全然綺麗にやらなくても大丈夫。

2 アレンジの仕仕上がりはおくれ、顔まわりが鍵である。 

特に顔まわりのおくれ毛は、最重要ポイント。少なすぎても、多すぎてもダメ。ポイントは適度に素敵に見える量感で。自分の綺麗に見える絶対的なバランスを日々研究することが大切。人によって少ない方がいい、多い方がいいがあるので。
3 仕込みのスタイリング剤は必ずつけること。
直毛でもくせ毛でもここはマストです。アレンジに何もつけないで挑むのは岸壁に命綱なしに挑むのと同じ。髪が傷んだりしていると、まとめたときにしばらく経つとうねってきたり、パサついたりといろんな原因が起こってきます。そんな時は軽いスタイリング剤が付いていれば楽々にできますので。

 

 

img_0399

※写真スタイリング剤
最近人気のオーガニック処方のプロダクトWAX ¥2138
4 トップのボリューム不足はストレートアイロンかコテで救済してあげて。
毛先の巻きはみなさん難なくこなすでしょう、しかしトップのボリュームとなったらどうでしょうか?トップがぺちゃんこになっていたら可愛いものも台無しです。
ストレートアイロンでナミナミなカールを作り自然なボリュームを出すのも大事。
こんな形で、アレンジの時も準備しておくと、スムーズにアレンジができると思います。

ここにアイテムで、帽子を使うもよし、スカーフを使うもよし、キャスケットを使うもよし。なんでもアイテムはありなんです。どう見せるかが重要で。

大人っぽく見せたいのか、可愛らしく見せたいのか、ラフにカジュアルがいいのか、ピシッとがいいのか。
綺麗は全部叶いますからね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中