Feel the Sense

センスが違うって、どう違うのだろうか??

 

センスがいい人、あまりそうでない人。世の中にはたくさんあると思う。単にセンスがいいと言っても、『感度、感性が高い人』と言うように感じる能力に長けている人だけが、センスがいい人というわけではなく、その能力、技術が表面化していて、周りからの評価が『好印象』を伴っている人を言うのかな、と。

 

大概は、センスがいい人って、さりげなかったり、どこかしら美しかったり、無理をしない格好良さであったり、というところじゃないでしょうか。

 

『センスがいい人』って押し付けがましいところがなく、自然体で素敵な人、そんな人々のことだと思います。

 

じゃあ、美容に関してセンスがいいって?

前髪のカットのハサミの一振りでもそれが伝わるような、そんなカット、所作ができるようなひと。
そこはひとそれぞれあるんでしょうけど。そのお客様に対して、シンクロするスタイルを即座に提供できる美容師。そんなひとがセンスがいいひとなんでしょうね(^ ^)

 

伝えなくてもわかってもらえる、痒いところに手が届くそんな感じ。

 

いろんなデザインをする上で、髪の毛に関わらず、空間であったり、紙のうえであったりと、らしさが求められるときもあれば、それが疎まれる時もある。

様々なパターンをそつなくこなす。

そんなひとになりたいなってつくづく思います。大半そういう方って努力しててに入れてきた方が多いのだろうなって。1%の方々は生まれ持ったものがあるのかもしれないけどね(^ ^)そんなお客様とのお付き合いを心がけていきたいなと思う最近です。

  

 

センスいいなって言われたいわけでもなく、ただ単にそうでありたいと強く思うだけで。

自然体でいたい。

そう最近はすごく思います😆

 

 

 

 

 

 

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中